子育てに使える♪身体心理学のお話

心が先か、身体が先か―

 

前々から、そんな事をよく考えていました。でも最近わかってきたのは、どっちが先でもないということ。心と身体はすごく密接で、快適に過ごす為にはどちらも大事。身体由来で気分が変わることもあれば、心由来で体調が変わることもある。

 

その関係を上手く使っていけたら、日々もっと快適になる。身体心理学を学び始めてから、より一層そう思うようになりました。

身体心理学とは

身体心理学とは、心と身体の相関関係を研究したものです。人の身体の動きや表情、五感から得られる刺激が心に作用するという話。または反対に、心が身体に表れるという話。

 

それを上手く使えば、日常はもっと楽に快適になる。私はそう思っています。

 

笑えば楽しくなるという話

楽しい時に笑うというのが、よくある流れ。でも反対に、口角を上げる事で気分も上がります。よかったら、試しに今やってみてください。

 

………

 

なんとなく、良い気分になってきませんか?

 

これが身体心理学の分かりやすい例です。

 

これを知ってから、「なんだか気分が乗らないな~」と思う時は口角が下がり気分が乗らない顔をしている事に気付きました。そんな時は、まず口角を上げてみます。そうすると、ちょっと気分が乗らないくらいなら簡単に気分は上向きます。

「病は気から」は本当?

もうひとつの例として、「病は気から」の話があります。

 

この言葉自体は多くの人が知っていると思いますが、私はあまり信じていませんでした。気休めの根性論だと思っていたのです。

 

でも実際に、命に関わる病気やケガでない人が、命に関わると本気で思い込んだことで命を落した例があるそうです。その話を知って、心と身体の密接な関係に驚くと共に、思い込みの怖さも感じました。

子育てに使える身体心理学

私が子育てをする中で実践してみて、身体心理学的に良いと感じているのは

  • 子どもの目を見て話すこと
  • スキンシップをとること

です。

その良さは、どちらもオキシトシンというホルモンが出ること。オキシトシンは「幸せホルモン」や「愛情ホルモン」とも言われるもので、心身共に良いことがたくさん!というのが超簡単な理論です。

 

目を見て話すなんて当たり前のようで、親子間となるとけっこうないがしろにしてしまいがち。…ではないですか?

 

私の言い訳としては、おしゃべりな我が子たちは四六時中しゃべっていて、いちいち目を見て聞いていられない。家事をしていてもひっきりなしに話しかけてくるから、いちいち目を見て聞いていたら夜中になる。という感じです。

 

でも、その中でも、できる時はしっかり目を見て聞くようにしてみています。そうすると、一生懸命話す子どもたちが愛しくなってきたりして。そんな時は子どもたちもより張り切って話してくれる感じがしますし、なんだか良いですね。お互いに気分が上がる感じです。目を見ずに何かしながら聞いている時は、正直「あぁ…うるさい…」と思ってしまうのに。

 

スキンシップに関しては、長男が小さい頃にベビーマッサージを始めて以来、寝る前にマッサージをする習慣があります。疲れていたり気分が上がらない日は「面倒くさいな~サクッと寝てほしい」という思いがよぎることもあります。それでもマッサージを始めてみると、意外と自分も気分が落ち着いてきたりします。

 

これがスキンシップのスゴい所で、目を合わせて話すのと同じで、マッサージなどのスキンシップもお互いに良い気分になれるのです。

 

始めは「面倒くさいな~」と思っていた私も、マッサージをしているうちに良い気分になってくる。これぞ、身体心理学の良い使い方。実際やっている時に身体心理学がどうとか考えてはいませんが、心より体の方が簡単に動かせるのは確か。

 

心が「疲れたな~」とか「やる気でないな~」と思っている時に、心を動かして上げていくのは少し難しいと思います。でも、そんな時でも身体は動かせる。だから、それを上手く使うのも良いと思うのです。

 

「子どもたちうるさいな」と思ったら、少しだけ立ち止まって子どもの目を見て話を聞いてみる。「疲れたな~」と思っても、子どもにマッサージしてみる。それは、そんなに難しいことではありません。「うるさい」と思う気持ちや「疲れたな~」と思う不快な気持ちを心の中で動かすより、遥かに簡単です。

ただ、それを嫌々やってもあまり意味はなく、やる時は感覚に集中するのがポイントという事がだんだんわかってきました。目を見るなら見ることに集中、スキンシップなら肌の感覚に集中。これをすることで、良い気分になってきます。

 

これを読んでくださったあなたにも、是非試してみてもらえたら嬉しく思います。

 

こちらも聴いて頂けたら嬉しいです^^

https://youtu.be/7trzYpjUR_8