「自分がどうしたいか?」のススメ

母親はいつも子ども優先で当たり前。

 

そんな風に思っていました。正確には、「そんなことない!」と思いたいけど思えなかったというところ。でも今は、やっぱり「母親だから子どもを優先すべき」というわけではないと思っています。

 

うっかりすると誤解を呼びそうな内容でドキドキしつつ、敢えて誤解をを恐れずに書いてみます。

子どもが優先という価値観

あくまで私の場合ですが、子どもが優先という価値観は、私の母親から受け継がれたものでした。折に触れてその発言を聞いてきた私にとっては、それが常識になっていたのです。

 

でもそれは母の価値観。私は私の価値観で生きればいいと分かってから、少しずつ「子どもが優先じゃなくてもいい」と思うようになりました。

 

結果どうなったかというと、気楽になりイライラし続けることがかなり減りました。子育てをしていてイラッとする瞬間はまだまだありますが、イライラベースで過ごしていた頃とはだいぶ違います。

 

そして更に、子どもに何かを強制することも減りました。自分に対して「べき」を減らしたことで、子どもだって好きにしていいということが、感覚的に身に付いてきています。

 

日常に絶対なことなんて、あまりないんですよね。

 

「べき」「しなければいけない」と思っていることの多くは、マイルールや狭い範囲での常識ということも多々あるのです。

子育ての基礎

子育てで一番重要な基礎を1つだけ挙げるとしたら、何だと思いますか?

 

 

ちょっと気軽に考えてもらえたら嬉しいです^^

 

 

 

答えは、「まず自分を満たすこと」です。

 

人は基本、自分が満たされることで、他の人にもシアワセをお裾分けしたくなります。

 

その限りではないのが母性だとも思いますが、だからこそ、まずはお母さん自身が満たされることは超重要なのです。

「やりたい」が大切

子どもを優先しなくてもいい、まずお母さん自身が満たされることが重要。

 

では、必ず自分を優先しなければいけないのかと言ったら、それもまた違います。なぜかというと、人の価値観はそれぞれ違い、何に喜びを感じるかも違うからです。

 

1人の時間が大切な人もいれば、どこに行くのも誰かと一緒がいい人もいます。1人で趣味に没頭する時間が欲しい人もいれば、子どもが近くで楽しそうにしているのを見るだけで嬉しい、一緒に遊ぶ時間が至福、そういう人もいます。

 

肝心なのは、自分が優先か子どもが優先かよりも、「自分がどうしたいのか?」ということ。

 

 

いつだって、自分の人生は自分のもの