嫌なことを楽しく乗り切る方法

 
*あいくまについて
あいくま自己紹介

イメージしたとおりに、心も身体も変わっていく。それは気休めではなく、実際にあることです。

 

フィギュアスケートの羽生結弦選手や体操競技の内村航平選手をはじめ、一流のアスリートはイメージトレーニングを上手く使っていることが知られています。

 

アスリートでない私たちも、これを上手く使っていくことで快適に過ごせるのです。ここでは、避けられない嫌なことを楽しく乗り切るために私がしていることを紹介したいと思います。

「少しも寒くないわ」

3月も終わろうとしているある日、雪が降りました。

 

雪予報が出ていたものの、「降ってもチラッとだよね?」という私の予想に反し、けっこうな吹雪。その日は朝から仕事だったので傘を差して出勤しましたが、ダウンコート濡れて色が変わるほどの雪でした。

 

家を出発する前、寒いのも雪も苦手な私のテンションは、だだ下がり。「寒いな~大雪だし、なんでこの時期に?何でよりによって朝から外に出る日に?嫌だな…」というのが、自然と出てきた感想。

 

といってもそれは一瞬のことで、「物事の捉え方や感情は自分で決められる」と知っているので、すぐさま切り替えにかかりました。これが、嫌なことを楽しく乗り切る大きなポイント。

 

理想は、その一瞬の「嫌だな…」も出ないこと。そこに向かって日々練習に励んでいます。

 

そんな中、私がどう切り替えたかというと、「『アナと雪の女王』のエルサになりきる」ことで切り替えました。お城を抜け出して「ありのままの自分」で生きようと決めたときのエルサです。

 

(「エルサってどんな感じ?」は、こちらの動画をご参照ください。)

小さな子のようにドレスを着たりエルサのような髪型にするというわけではありませんが、「少しも寒くないわ♪」の心意気ということです。

 

イヤホンで音楽を聴きながら、気分はエルサ。あくまで気分なので、見た感じは普通に雪道を歩くアラフォー主婦でした。(多分)

 

それでも、まずエルサになった時点で堂々と胸を張って歩くイメージができるし、寒くないというよりは寒ささえ味方という感じ。

 

そうすると不思議なことに、本当に寒くなくなってくるのです。寒いというより、「ただ雪と空気が冷たい」と一歩引いて思える。「寒い」は身体の中まで冷える感じ、「冷たい」は一歩引いた感じ。

 

これは私のイメージですが、とにかく身体の芯まで冷えて縮こまるような気分はどこかへ行きました。

頭の中はいつも自由

「嫌だな…」と思うけど避けられないものに対する対処に正解はないので、これは私のほんの一例です。例えば寒いことの良さを見つけて、それで気分が良くなるならそれでも良いし、エルサ以外の何かをイメージしても良いのです。

 

頭の中は自由で、いくら周りで何か言おうと色々な情報があろうと、決めているのは自分なのです。それ以外に、実際に自分のイメージや思考を変えられる人はいません。

 

だから、自分が気分良くいられるようなイメージや思考をした方がお得なのです。

すっかり気分を良くした私は、「雪と桜のコラボなんて滅多に見られないよね!」と嬉しくなり、かじかむ手で写真を撮りました。

信じてイメージすれば身体も変わる

ここで、ひとつ怪しい実験にお付き合い頂きたく思います。

 

1.まず、両掌を合わせてください。

2.人の身体は左右対称ではないので、左右どちらかの中指の方が長いと思います。どちらが長いか確認してください。

3.いったん手を離して、短かった方の中指を見つめて「指が伸びる…」と信じて念じてみてください。(もしも2.で左右の長さが同じなら、どちらか好きな方でOKです。)

4.もう一度手を合わせると…???

 

うまく行けば、始め短かった方の指(または念じた方の指)が長くなっているはずです。

 

中にはそうならない人もいるようですが、信じて念じると、指が伸びるのはおかしなことではないのです。原理は簡単で、信じて意識を集中することで、脳が指に関わる筋肉を伸ばすように働くからです。

その積み重ねが自分を作る

この実験以外にも、イメージや精神状態が実際に身体を変えるという話はたくさんあります。

 

それを知っていたり、一時的に意識するくらいでは、ただの面白い話で終わってしまいます。それを毎日積み重ねることで、自分が変わっていく道をつくれます。

 

人は習慣でできている部分が多いので、毎日気分良く過ごす努力や、理想の自分でいる努力を積み重ねれば、いずれ変わっていくのは当たり前のこと。時には「嫌だな…」さえ実は、ただイメージと習慣で湧いてきていると気付くことも。

 

始めは、言うは易し行うは難しと感じることも多いかもしれませんが、毎日練習することで少しずつコツがつかめてきます。

 

そして、ついうっかり、それまでの自分の習慣が顔を出しても軌道修正することができるようになります。その繰り返しが、少しずつ自分を変えていくのです。

 

「嫌だな…」「嫌だな…」と延々思いながら過ごすのと、ウキウキして過ごすの、どっちがいいですか?選ぶのはいつも自分なのです^^

 

先日のTwitterライブでも、エルサの気分で歩いていたお話をしました♪「嫌だな…」を楽しく乗り切る方法です。

 
☆★☆モニターさん募集中★☆★
限定モニター価格で、ママの悩み相談受付中です。
詳細はこちら

*あいくまについて
あいくま自己紹介

*あいくま公式LINE
ブログより詳しく「自分の心と身体と向き合う方法」をお届け♪