1分でできる♪子育て中におすすめのリラックス法

 
*あいくまについて
あいくま自己紹介

元気いっぱいの赤ちゃんや子どもと過ごせることは、とってもありがたいこと。

 

とはいえママも人間ですし、ずっとバタバタ動き回っていたり子どもと遊んだりお世話をしたりしていたら、身も心も疲れてしまうことはありますよね。元気いっぱいの我が子と楽しく過ごすためには、日々心身をリラックスする時間を持つことも大事です。

 

ここでは、セラピスト(下の写真のようなリラクゼーション)の仕事もしている あいくま から、おすすめのリラックス方法を1つご紹介します。

 

簡単で時間もかからず、赤ちゃんから使えるものなので、ママにもお子さんにもおすすめです。

1分でできる♪簡単リラックス法

1分でできる、子育て中の忙しいママにおすすめのリラックス法。それは、足裏の反射区を押すものです。

一点集中!

足裏にはたくさんの反射区があります。反射区とは、身体の様々な部分に繋がる神経があるとされている部分です。東洋医学で言うツボと似たものと言うとイメージしやすいでしょうか。

 

数ある反射区の中で、イチオシなのがソーラプレクサスです。別名、陽神経叢(たいようしんけいそう)。ツボで言うと湧泉

 

名前からして、なんだか凄そうですよね?

 

ソーラプレクサスは、その名のとおり太陽のように温かさと安らぎを与えてくれる反射区です。

 

一番大きな効果としては、自律神経を整えること。

 

自律神経とは、自分の意識とはほぼ無関係に身体に作用している神経のこと。様々な神経が上手くバランスを取り合っているのが理想ですが、生活リズムや体調、ストレスなどによってバランスを崩すこともあります。

 

病的な状態まで行かなくても、なんとなくちょっと寝付きが悪いとか、なんとなくやる気が出ないというのも、自律神経のバランスから来ていることもあります。

 

そんな自律神経のバランスを保つ手助けをしてくれるのが、ソーラープレクサスです。

 

その他に期待できる効果としては、疲労回復冷えの解消などがあります。

早速やってみよう!

さて、そんなありがたい反射区ソーラープレクサスの位置を説明しますね。

 

足裏を反らせた状態で、足の人差し指と中指の間をかかと側に進んでいくと、盛り上がった場所が終わり少し窪んだ部分に当ります。

 

そこがソーラープレクサスです。 

おすすめは、深呼吸をしながら息を吐くときにじんわり押してみること。強さは、痛気持ちいいくらい、回数の目安は3回くらいです。

 

押してみると、なんだか身体の芯まで伝わるものを感じませんか?

 

知識抜きにしても、ソーラープレクサスを押すと、他の反射区とは違う感じがします。

赤ちゃんから大人まで使えるリラックス法

冒頭でもお伝えしたように、この反射区は赤ちゃんから使えるものです。ベビーマッサージ

に取り入れられていることもあります。(赤ちゃんの場合は生後3ヶ月くらいから)

 

赤ちゃんや小さなお子さんの反射区を押すときは、あまり力を入れず優しく少し刺激するくらいで充分です。

ママが自分でソーラープレクサスを押す場合は、何かしながらでもできるので、気軽に取り入れてもらいたら嬉しく思います。

 

授乳しながら、寝かしつけながら、遊びながら・・・取り入れやすいので是非やってみてくださいね。

 

1分でできるので、もしできれば集中してみるのがベストですが、まずは気軽に取り入れてみて欲しいと思います。

 
☆★☆モニターさん募集中★☆★
限定モニター価格で、ママの悩み相談受付中です。
詳細はこちら

*あいくまについて
あいくま自己紹介

*あいくま公式LINE
ブログより詳しく「自分の心と身体と向き合う方法」をお届け♪