自分を変えたいときは、これを変えよう。

 
*あいくまについて
あいくま自己紹介

自分を変えたいのに、変えられない…そんな風に感じているあなたへ。

人は習慣でできてきる

人がなかなか変われない理由の1つに、脳は変化を嫌うからというものがあります。

 

脳がなぜ変化を嫌うかというと、脳にとっての最重要任務は、生き続けることだからです。それは極端に言うと、今生きているのなら、下手に変化したら命の危機に直面するもしれないということ。脳はそういう判断基準を持っています。

 

その為、どんな人でも毎日同じ習慣で動くことがとても多いのです。そして、どんな習慣を持っているかでその人が決まっていきます。

 

自分を変えたいと思ったら、その習慣を変えることが近道になります。

自分を変えたいとき まず変えるもの

自分を変えたい時は、習慣を変えること。

 

では、具体的にどんなことをすればいいのか?

 

ここではまず、言葉を変えることをおすすめします。

 

自分を変えたい時、日頃の言葉選びがとても重要です。誰よりも近くで自分の言葉を聞いているのは自分自身。その自分に、前向きな言葉を聞かせるか、その反対か。

 

言葉選びの習慣によって、自分が変わっていきます。それはいわば自分で自分を洗脳しているようなもの。

 

自分にどんな洗脳をしたいか?を考えたら、自然と選ぶ言葉も見えてきますね。

 

マザー・テレサの言葉にこのようなものがあります。

思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから

 

言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから

 

行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから

 

習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから

 

性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから

肯定文で話すこと

では、実際にどんな言葉を選べば良いのでしょうか。

 

一言で言うと、肯定的な言葉です。言い換えれば、肯定文で話すということ。

 

自分を変えたい!と思うとき、もっとネガティブに変わりたいという人はまずいないと思います。ポジティブになりたいなら、肯定文で話すことはとても大事。

 

例えば子どもに言いがちな「○○しないと△△できないよ!」を肯定文にして「○○したら△△できるよ」にすること。

 

伝えたいことは似ていても、脳にとってはこの2つは大違いなのです。肯定文で話す習慣をつけていくと、考え方や行動も前向きになっていきます。

やってみてわかること

私が今参加しているゼロイチ工房というコミュニティーには、いくつかの禁句があります。

 

その中の1つが「わからない」という言葉。

 

これは正直、はじめは意図が理解できませんでした。なぜ、わからないが良くないのか。それでもひとまず真面目にやってみた結果、考え方や行動も少しずつ変わってきました。

 

例えば日常で、何かにつけて「○○って何?」「なんで?」の嵐な息子。その内容が高度になってきて答えに詰まる時でも、極力「わからない」を使わなくしたことで、会話が発展しやすくなりました。

 

「うーん、なんでかな?」「なんでだと思う?」などなど、親子で考えることも増えました。子どもはあっさり「わかんない!」と言うこともありますが、意外と少なくて面白いです。

 

これが禁句の意味か!

 

というのは、やってみてはじめて体感できたことです。こうして少しずつ習慣が変わり、自分も変わっていくというのを体感しつつあります。

 

▼▽▼関連記事▽▼▽

自分にかける言葉も大事!

自分嫌いを克服した話

*お知らせ*

近日中に、瀬川英介さん主催の 瀬川かふぇ@ママtime がzoomにて開催されます。興味ある方は下のメールアドレスまでご連絡ください。テーマはざっくりと、「親子の社会的ストレスについて」です。

 
☆★☆モニターさん募集中★☆★
限定モニター価格で、ママの悩み相談受付中です。
詳細はこちら

*あいくまについて
あいくま自己紹介

*あいくま公式LINE
ブログより詳しく「自分の心と身体と向き合う方法」をお届け♪