子育てのイライラと自己嫌悪をなくすために必要なこと

 
*あいくまについて
あいくま自己紹介

子育てをしていてイライラ・・・

 

ああ、何でまたイライラしてしまったんだろう。子どもは何も悪くないのに。私はダメな母親だな。性格悪いな。心狭すぎだろ。どうしたらイライラしなくなるんだろう・・・

 

そんなあなたへ。

絶対にやらない方が良いこと

イライラと自己嫌悪をやめたいと思ったら、絶対にやらない方が良いことがあります。

 

それは

 

自分を責めること

 

です。

 

自分を責めるということは、どんどんダメな自分を作り上げているようなものだからです。

 

正確には、本当は良いとかダメとかないのですが、自分を責めることで「自分が嫌だと思う自分」をどんどん強化することになってしまうのです。

 

私には、失敗したら反省しないといけない、上手く行かない自分を甘やかしてはいけないと信じていた頃がありました。かなり長いこと。

 

当たり前のようにそうしていましたが、反省してもしても一向に「自分が好きだと思う自分」にはなれませんでした。

 

それは、自分で自分を責めていたからです。自分を責めるということは、「お前はダメな奴だ」と自らせっせと洗脳しているのと同じこと。

 

その怖ろしい事実を知り自分を責めるのをやめてから、少しずつイライラの頻度も減り、それを引きずることもなくなっていきました。

子育てのイライラと自己嫌悪を抜けるために

自分を責めるのはやめた方が良い。とはいえ、イライラしてばかりの自分を責めないということが、急にできるわけではないと思います。

 

そんなときに助けになる自分との向き合い方、イライラを減らす考え方があります。

全部をやろうとしない

仕事以外でも、生産性を上げる=自分の欲しいものを効率的に手に入れる ことの重要性が書かれている「自分の時間を取り戻そう」(ちきりん著)では、すべてをやろうとしないこともポイントだと語られています。

 

自分のやりたいことをやるために、やらないことを決めるのも大事。これは私も実感しています。

 

やらないというのは、それ自体をやらないか、機械や他の人に任せることも含めて。とにかく自分でやらないことを決めてくということです。

 

どんなにテキパキ動いても集中しても、人がこなせることには限界があります。その中で、すべてをやっていたら自分の欲しいものが手に入りづらくなるからです。

 

特に小さな子と過ごす中で、毎日の家事や子育てをして自分の時間も持って・・・というのをすべてやるのは、至難の業です。

大切なものは?

もしも、家事や子育て全般が趣味のような人なら、忙しく全部自分でやっていても楽しいのかもしれません。

 

例えば大家族のお母さん佳月ママこと漆山佳月さんは、テレビやSNSを見る限りではそんな感じに見えます。早朝から夜遅くまで、家事・子育て・仕事どれも手を抜くことなく楽しんでいるようです。深夜に寝て、早朝からたくさんの子どもたちのキャラ弁作り・・・という、私には想像のできない日常。

 

そういう人を見て、すごいな~と思うのは私だけではないと思います。ただそこで「私も頑張らないと!!」と張り切るのは危険。

 

佳月ママのように、やりたくてやっていて楽しめるのなら素敵ですが、「私もお母さんなんだからやらないと!!と思うなら、それはちょっと違います。

 

こういう現象が自分を苦しめていることが、実は多々あるのです。

 

自分の時間を取り戻そう」の中でも、メディアによってすり込まれた良い主婦像・良いお母さん像を真に受けて完璧にやろうとすると、生産性は落ちる一方=自分が本当に手に入れたいものが手に入らなくなっていく と説明されています。

 

大事なのは、

 

自分にとって大切なものは何か?

 

という一点に尽きます。

 

あなたにっとって大切なものは何ですか?

 

周りの評価や価値観は無視して自分を掘り下げていくことが、謎のイライラと自己嫌悪を減らすことにも繋がります。

 

自分の本当に欲しいもの・やりたいことがわからない、いつかの私のような人には、これは一見遠回りに感じるかもしれません。もっと手っ取り早くイライラを抑えられたら、自己嫌悪だって減るのに。と。

 

それでも、自分の価値観や手に入れたいものを知ることは必須で、実は近道なのです。自分にとって コレ! というものを押さえられたら、心は満たされていきます。

割り切りも必要

自分を責めないこと自分の価値観を知ることは大事。

 

たしかにそうです。

 

とはいえ私が一番大事だと思うことは、根詰めないことです。

 

あぁ、また自分を責めてしまった~と自己嫌悪を膨らませてしまったら元も子もありませんし、自分のことがわからない・・・と落ち込むために自分と向き合うわけではありません。

 

ある程度、

 

「イライラするのも自然なこと」

 

「少しずつ自分を責めないようにしていこう、急にできないのは当たり前!」

 

という緩さを持つことも大事だと私は思っています。

 

そもそも感情には良いも悪いもなく、良し悪しは自分で決めていること。だからイライラ自体が悪いということではありません。

 

それから、一朝一夕で自分を変えることができないのも当たり前のこと。脳はできる限り現状維持をしようと頑張るからです。余計な変化をして命を危機にさらさないための本能として。

 

そんな当たり前を知りつつ、自分を責めないこと・自分を知ること を少しずつやっていくのがおすすめです。

 

▽▼▽関連記事▼▽▼

子育てのイライラと自己嫌悪から抜け出す①

 
☆★☆モニターさん募集中★☆★
限定モニター価格で、ママの悩み相談受付中です。
詳細はこちら

*あいくまについて
あいくま自己紹介

*あいくま公式LINE
ブログより詳しく「自分の心と身体と向き合う方法」をお届け♪