子どもの成長に一番大切なこと ―「小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て」

 
*あいくまについて
あいくま自己紹介

「小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て」

を読みました。

 

小児科医の高橋高雄先生が書かれたのものです。医師の立場から理論的なことが書かれていますが、内容は簡単で穏やかで優しく、とても読みやすいおすすめの1冊です。

子どもの成長に一番大切なことは?

子どもの健やかな成長に必要なものは、色々あります。栄養バランスの取れた食事や規則正しい生活、そんなよく言われていることも、もちろん大切です。

 

でもこの本では、それらよりも更に重要なことが書かれていました。それは、親との穏やかな関わりです。

 

子どもは親との関わりによって脳を成長させます。生育環境が極端に良くない場合は、脳が標準よりも小さいなんてこともあるのだとか。

子どもの成長には親の笑顔が必要

よく「お母さんの笑顔が大事」なんて言われますし、私もそう思っています。

 

お母さんの笑顔が大事というより、正確にはお母さんが自分を責めながら生きていると、子どもの自己肯定感は低下するそうです。自己肯定感が下がると、結果的に大きく成長することが難しくなりがちです。

 

子どもが心身共に健やかに成長して欲しいのなら、まずは親が自己肯定感を上げること、自分の人生を楽しむことがが重要ですね。

男の子にこそ必要なもの

男の子の考えていることがわからず、宇宙人のようだと言うお母さんが多いそうです。

 

たしかに、周りでも男の子の子育てに苦心する声は時々聞きます。

 

我が家は子どもが男の子だけなので男女の違いを間近で見たことはありませんが、長男と次男でまったく違うので、個人差も大きいと思っています。

 

とはいえ男女で脳が違うので、ママにとっては異性な男の子のことが実感としてわかりづらいのは、ある意味当たり前でもあります。

 

実際に、高橋先生も「息子のことが分からない」というママの思いに直面することは多いそうです。

 

そんな中、男の子にこそ大切なのが、共感することだそうです。分からないからと拒絶したり流したりするのではなく、しっかり話を聞いてみる。相づちを打ってみる。そうすることで、より穏やかな関係が築けるのだとか。

 

そしてもう1つ男の子と接するポイントは、「大丈夫」という魔法の言葉をかけること。その言葉を浴び続けた男の子はたくましく成長していくそうです。

 

「大丈夫」は状況によって「?」や「!」で伝えること。それから大前提として、「大丈夫」を押しつけるのではなく、まずは子どもの気持ちに共感することを忘れずに。

 

なんだか危なっかしい息子を見て、つい「危ないよ!」「やめて!」と咄嗟に言ってしまうことがある私も、これを意識していきたいところです。

 

本当に危ないことは叱るべきだとも思いますが、少々の危険は「大丈夫?」に変えてみる。そして、息子たちにも自分にも「大丈夫!」と言ってあげる場面も増やしていきたいと思います。

蛙の子は蛙

トンビはタカを産まない。

 

遺伝子的にそれは確実だそうです。

 

子どもは両親から遺伝子を引き継いで産まれてきます。だから、凡人から突然ものすごい天才が産まれることはないのだとか。

 

ではなぜ、一見ごく普通の両親から天才児が生まれることがあるのか。

 

その理由は、天才は持って生まれたものが上手く発揮されたから。つまり、実は親もその遺伝子は持っていたけれど、開花しなかっただけということです。

 

うまく子どもの適正や興味を見抜いて育てていけば、誰しも天才並に伸びる可能性は充分にあるのです。

子どもに多くを求める理由

親が子どもに多くのことを求めてしまうことは、よくあると思います。

 

表向きは、子どもの将来を思って・・・かもしれません。親自身それを疑っていないことも多々あると思います。

 

でも実は、我が子に多くを求めすぎる親は、まず「自分自身が幸せではないから」だそうです。

 

これはまさに、いつかの私もそうでした。子どもにあれこれ望むばかりで、自分で自分自身の人生を楽しくしよう、幸せに生きようとしていなかった頃のこと。

 

私の母もよく「お母さんは○○ができなかったから、あなたにはやって欲しい。」というようなことを言っていました。私の意志は置いておいて。

 

当時の母も、自分で幸せに生きようとしなかった頃の私も、「子どものため」と自分でも思い込みながら自分の望みを子どもに託していたのだと思います。

 

子育てに神経が向きがちな本能を持った私たち母親こそ、自分自身の人生を生きることが重要ですね。

親も子も人生は自分のもの

親も子も自分の人生は自分のもの。

 

関わりは重要だけど、そこに大きな干渉はいらない。

 

この本を読んで改めて考えさせられました。

 

だから、子どものしあわせを願うならまずは親が幸せになること。自分が子どもの立場で考えても、親が不幸でいるより幸せで笑っていてくれる方が嬉しいですものね。

小児科医のぼくが伝えたい 最高の子育て

 

 
☆★☆モニターさん募集中★☆★
限定モニター価格で、ママの悩み相談受付中です。
詳細はこちら

*あいくまについて
あいくま自己紹介

*あいくま公式LINE
ブログより詳しく「自分の心と身体と向き合う方法」をお届け♪